熊本県南阿蘇村 お米の通販・産直サイト おあしす米

おあしす米トップページ > 組合について


組合共同精米所、兼事務所の場所


経歴

平成元年 無農薬での試験栽培開始
平成3年 白水村おあしす米生産組合を設立、販売活動を展開
平成4年 アイガモ農法を導入、消費者との交流会(アイガモ田見学ツアー)を開始
平成5年 構成農家が主体となり農家民泊「奥阿蘇てんぐ隊」を実施<(グリーンツーリズム活動の一環)
平成6年 精米施設完備、パソコンによる顧客情報のデータベース化(顧客管理用オリジナルソフト自作) 「おあしす運動」の成果により第22回毎日農業記録賞で最優秀賞(大臣賞)を受賞
平成7年 熊本市、福岡市で『新米フェア』を開催(以後毎年実施)もちつき、おにぎり配布を行う
平成8年 コイ農法を導入、この時にアイガモと併せて「恋愛農法」と名づける、コイ(恋)+アイガモ(愛)=恋愛農法
平成9年 色彩選別機・破砕米除去機を設置、品質をより向上させる
平成10年 「おあしす米」商標登録出願、農家全員のパソコン導入を目標に講習会を開催
平成11年 「おあしす米」商標登録完了、ホームページを自作
平成12年 地酒「一心行」、「場外ホームランメロン」の商品開発、販売開始、大阪市で交流会を実施、遠隔地の消費者120名と交流を深める
平成13年 熊本県農業コンクール組織部門、秀賞(大臣賞)受賞
平成15年 最新鋭精米機を導入
平成16年 滋賀県の愛東町に「菜の花プロジェクト」を視察(ほぼ全員で、自費にて)
平成17年 熊本県本渡市に「菜の花プロジェクト」を視察(同上)
平成18年 村合併に伴い、「南阿蘇村おあしす米生産組合」に改名
永島敏行氏と稲作交流、南阿蘇鉄道沿線にナタネ種子を播種
平成19年 玄米色彩選別機を導入
平成22年 軽洗米機を導入 精米機、白米色彩選別機を更新
平成24年 米袋を和紙からポリ袋に変更し、レージレス(脱酸素剤)を採用、同封することで品質劣化や虫発生を防止


ページの先頭へ