生産農家・組合

Farmers

生産農家の紹介

thumb-image

藤野 正二

TEL:0967-62-1974

もっと詳しく
thumb-image

衛藤 武志

TEL:0967-62-9307

もっと詳しく
thumb-image

大津 秀三

TEL:0967-62-9944

もっと詳しく
thumb-image

大塚 浩一

TEL:0967-67-1277

もっと詳しく
thumb-image

岩下 直

TEL:090-4485-8983

もっと詳しく
thumb-image

上野 則寛

TEL:0967-62-9318

もっと詳しく
thumb-image

下田 盛久

TEL:0967-62-0503

もっと詳しく
thumb-image

長尾 睦雄

TEL:0967-62-9309

もっと詳しく
thumb-image

後藤 長谷男

TEL:0967-62-1508

もっと詳しく
thumb-image

後藤 浩幸

TEL:0967-62-1597

もっと詳しく
thumb-image

宮田 加奈

TEL:0967-62-1875

もっと詳しく
thumb-image

後藤 泰治

TEL:0967-62-2103

もっと詳しく
thumb-image

下田 剣太郎

TEL:0967-62-1986

もっと詳しく
thumb-image

吉良 明美

TEL:090-3015-1232

もっと詳しく
thumb-image

大津 耕太

TEL:0967-62-3730

もっと詳しく
thumb-image

岩代 一宏

TEL:0967-62-9170

もっと詳しく
thumb-image

桐原 輝美

TEL:0967-62-1656

もっと詳しく
thumb-image

小出 満文

TEL:0967-62-9330

もっと詳しく

おあしす米生産組合について

「おあしす米生産組合」は、南阿蘇村でお米の無農薬栽培に取り組む農家グループです。
精米所やいろんな資材などは共用ですが、生産・保管・発送の作業は農家ごとに、しかも農家自らが行っています。 平成3年から活動を始め、現在の農家数は21名、全国1,200余りのご家庭に直送しています。

「おあしす米」の誕生は、もともとJAの青壮年部の活動がきっかけです。

昭和の後半、青壮年部で「無農薬で米を作ってみないか」という声があがり、やってみようということになりました。ただ当時は「無農薬で米ができるものか」という考えが主流でしたので、ちょっとした勇気が必要でした。(実際、有機農業には勇気が必要なのです。)

1年目は手探り状態。田んぼは草だらけ(除草剤を使わないから草取りは手作業)。収量は通常の半分と、悲惨な結果に。しかしここであきらめることなく、次への挑戦が続きました。
そして2年目。努力の甲斐あって何とか稲作らしくなり、収量も通常の8割程度にまで上がりました。
「これならいける!」と手ごたえをつかんだ生産者の次の目標は「産直」。「オリジナルの米の名前を考えよう」ということになり、旧「白水村」は水の生まれる里、それなら「オアシス」が良かろうということになりました。

その「オアシス」を基にキャッチフレーズを考えます。「おいしい・あんぜん・しんせん」、ここまでは簡単だったのですが、最後の「す」で詰まりました。「澄んだ・すごい・すばらしい・・・」無い頭を随分ひねりました。 夜更けまでかかり、やっと「すてき」に決まり、この時に「おあしす米」が誕生しました。

雄大な阿蘇の自然と水に対する感謝の気持ちと地元南阿蘇への愛が込められています。

おあしす米生産組合 おあしす米生産組合
080-8566-3528

留守電の場合は朝夕にお返事します

メールフォームはこちら

info-oasis@minami-aso.com